Info

1993年生まれ。江戸川区出身。人物ポートレート、人物スナップを得意とする。東京学芸大学表現コミュニケーション選考卒業。

先日インプロ(※1)界隈の友人と話していて、「ラバーズって何するの?」と聞かれた。言葉につまってしまった。わたしは、わたしと大切な友人たちが傷つかないショーを作りたい、ということ以外を言葉にするのが少し辛かった。

もともと、ラバーズを作った始まりは、ザ・ベクデルテスト東京公演(※2)の観客から「LGBT版等もやって欲しい」と言われたことだった。ザ・ベクデルテストのフォーマットは、女性が舞台上で輝くために作られたものなので、同じシステムで「じゃあキャラクター全員LGBTでーす」というわけにはいかなかった(あと、うまく言葉にできないけれどそのやり方だとわたしが傷つくし、疲弊しそうなので全然やりたくなかった)

701_8591

少し話が飛ぶけれど、わたしが傷つかずに見られて、登場人物が心地よく愛し合っている創作物として漫画「きのう何食べた」がある。こんな風に、インプロでもできたらいいなと思った。非常に不愉快な話だけれど、インプロのシーン設定で、男性同士に「あなたたちはカップルです」と言ったとき、片方がいわゆる”オネエ”をしたり、ゲイであることが主旨のシーン(ゲイ演じることを見せるシーン、あるいは過度にセクシャルなシーン)になりがちだなあと思っていた。そこにまず愛はなかっただろうし、演じることにも愛はなかったように思う。

そんなの、もう、まじで、終わりにしたい。

わたしの大切な仲間に、当たり前にそのオファー(※3)をすることに恐怖を感じたりしてほしくない。シーンの中で「ゲイだって普通にいるから」とか、絶対に叫ばせたくない。

ともあれ、わたしは「セクマイが普通に出てくるインプロショーやります」という告知は絶対に嫌だった(何人かに、そういう告知をした方がいいと善意のアドヴァイスをもらった)今までそういう物言いにどれだけ傷ついたかわからないし、それは「あなたたちの権利をわたしが認めてあげる」と言われているような不愉快さがある。少なくともわたしは、絶対に嫌だ!!!!

だから、わたしたちがするのは、ただ、愛の話だ。親子、友人、愛し合う人たち、どこにでもいる普通の恋人たち、たぶん隣の部屋にもいるかもしれない人たちの、人生のキラキラした瞬間やなんでもない瞬間をギュッと詰め込んだショーを作りたい。ラバーズのメンバーは、わたしが信頼出来て、一緒に愛のあるシーンを作れる人を集めたつもりだ。ちょっとインプロなのでどうなるのかわからないけど、6月2日は是非ご予定をあけておいてください。

FACEBOOKページ

【※1 インプロ】
予め決められた脚本や設定のない状態で、舞台上にあるアイディアや観客からのアイディアを使ってシーンをつくっていく。即興演劇。
【※2 ザ・ベクデルテスト東京公演】
すごく簡単にまとめると女性が舞台でバイアスに負けずにキャラクターを作りやすいよう作られたインプロのフォーマット。詳しくは東京公演振り返りで( http://froggohome.com/2017/12/4785 )
【※3オファー】
インプロの最中にどんなシーン展開にしたいか、設定にしたいかなどの提案をすること。簡単にいうと「たかし君!」と呼ぶとたいていの場合相手はたかし君になるし、「たかし君!」と呼びながら首に手をまわしキスをすれば「たかし君と○○は恋人同士、、、?」などの設定になったりする。ならなかったりもする。