Info

1993年生まれ。江戸川区出身。写真家、仮面劇俳優、インプロバイザーとして活動中。人物ポートレート、人物スナップを得意とする。

Posts tagged 個展

FE6_1363

今日は、少し真面目に書きます。
「どうして集合写真で展示をやろうと思ったの」
やっぱり聞かれることが多かったので、いま、言葉にできる範囲でしてみようと思います。

“集合写真”は、おそらく、みなさんの想像する”作品としての写真”とかけ離れています。
だって誰でも普通に撮るし、facebookでもよく見かけるし。

だけど、そんな”集合写真”には、わたしにとっての写真のすべてが詰まっています。

ひとつは、関係が映り込むわかりやすい写真だからだと思います。
“その人たち”がどんな時間を経て集まったのか
“その人たち”がどうして集まったのか

ひとつは、撮る瞬間自体が楽しいからだと思います。
はいはい、こっちむいてー!
どうしても目をつぶってしまう人
ちょっと恥ずかしかったり、疲れていたり
みんなで撮るのも楽しかったり

それから、集合写真は基本的に、見返す前提で撮られます。
数年後、あるいは数十年後見返したときのことを想像すると、ワクワクします。
赤いべべ着たあの子はもう、セーラー服を着ているな
こんな同級生いたなあ、あの頃はよく遊んでいたのに、あだ名は確か”社長”だったな
このあと二人が結婚するなんて
なあんだ、たいして変わらないメンツでいるなあ
あっという間だったと思うのでしょうか、ずいぶん昔だと思うのでしょうか。

見返した瞬間の、一瞬タイムスリップする感覚がたまらない。

集合写真には、時代、時間、瞬間、関係、その時の気持ち、楽しさも居心地の悪さも気恥ずかしも、見返すであろう未来も全部、写ってしまうと思うのです。ごちゃごちゃしていてドロドロしていて愉快じゃないですか。
そこにいるのが見ず知らずの他人であろうと、その愉快さを感じてもらえるんじゃないかと思って、展示を組み立てました。

CherryRedで展示をやってみて、よかったと思うことがあります。
CherryRedと他の多くのカフェギャラリ―との違いは、Cherryには、ほぼ毎晩通われているお客様がいらっしゃることです。おうちに晩御飯を食べるように、お店に帰ってくる。

“はじめは集合写真なんかって思ったけどさ、通ううちに賑やかでいいなあって思うようになったよ”

もしかしたら、自分も通ってきた似たような時間に想いを馳せるのかもしれない
もしかしたら、自分が選ばなかった人生に想いを馳せるのかもしれない
もしかしたら、彼らがあまりに楽しそうで、羨ましかったりほっとしたり

“多様な時間”を経て集まった他人の写真を、毎日みて、その日たちと数週間を経て、過ごしてこなかったはずの”多様な時間”がだんだん染みついてくれていたのかな、なんて、これは奢りですね。

展示も最終週に突入しましたが、自分のワクワクが未だにうまく言葉にできずに。
ラスト一週間、ご来場お待ちしております。

FE6_1373

商才、唱才、画才、文才、欲しい才は沢山あるし、ごく稀に”○○才があるね”なんて褒めてもらえる。けれど、どんな才もいらないから”如才ない”人になりたい。ぼやぼやしているうちに、1月は行き、2月は逃げ、3月が去ろうとしている。抜け目だらけ、ぬっけぬけの性格だから、”如才ない人”はほど遠い。証拠に、つい20秒前までこれを”ニョサイ”と読んでいた。

FE6_1367

休みの日はブランチを。期待していたよりずっと「上品なナポリタン」を作ってもらった。上品な食べ物を”ナポリタン”と呼んでいいのかどうかは悩みどころで、ドライカレーやら的屋のフライやらそういった下品な美味しさのものを、”ナポリタン”と呼ぶべきなのだと思っていた。お上品なブランチは、もちろん、それはそれで、すごく美味しかった。二人で「うん、やっぱりあの下品さは、ブルドッグソースかしらね」「そうだね」なんて、リベンジを決意したのだ。

FE6_1392

酔っぱらって『人望がないんだよなあ、しかし』とくだを巻いてしまう人の人望のなさについては疑うまでもないけれど、その様がどうしょうもなく憎めないのだから、彼にはきっと人望より大切な何かが備わっているのかもしれない。だって、10分もしないうちにゴキゲンになって『カラオケに行こう!行こうよ!』とハシャいでいるところが最高にキュートだ。そんな可愛い彼のモノマネが今、お店中で流行っている。

FE6_1352

襟元までボタンをピッチリしめる人の気が知れない。そんな神経質で小姑みたいな奴と仲良くなれるもんか。そんな風に思っていた。知れない知れないと言いながら、いつのまにか1年半、気が置けない人になっていた。襟元まで閉じられたボタン一杯にはちきれそうなお茶目さと熱量、糞の上に糞がつく真面目さも素敵だなと思えるようになったのは24時間前くらいからだった。わたしが現金な性格だから、愛しさは大抵、会えなくなるとわかってから考え出す。それでやっぱり、小姑みたいな彼とは、会えなくなる距離感くらいがちょうどよいのかもしれない。

FE6_1343

「ねえ、タコスってなあに」「タコスってなんだろう」カリカリした奴に赤いソースをつけて食べるあれだよ、たぶん、なんてこっそり思っていた。言わなくてよかった。あとで聞いて知ったけれど、それはナチョスだった。タコの複数形かなあとも思っていたけれど、それも口に出さなくてよかった。タツミさんが「ものを知らねえんだ」とプリプリしていた。

FE6_1342

ソノベさんは、見ると必ずえいひれを頼んでしまうらしい。居酒屋は「えいひれがある居酒屋」「そうでない居酒屋」の二種類にわけられる。その切実度はたぶん、わたしにとってのタバコが吸えるか吸えないか、それくらい高いものなのだと思う。cherryにはえいひれがあるから、わたしがお店に着いた時には既に幸せそうな顔をしていた。