Info

1993年生まれ。江戸川区出身。写真家、仮面劇俳優、インプロバイザーとして活動中。人物ポートレート、人物スナップを得意とする。


ご来場いただきありがとうございました!
最後までついてきてくださったお客さま、そして我らが中村太郎ちゃんの人柄で、とても温かい時間を過ごすことが出来ました。

<キンちゃん>
宇都宮からの秘蔵っ子!突然呼び出したのに快く参加してくれてどうもありがとう。初めて見た時の感想は「この人はハートがめっちゃ強い!!」でした。本当に舞台にいるだけで楽しいんだなというのが伝わってきてすごく嬉しかったです。公演では、決勝進出!キンちゃんの秘められたパワーが爆発していたのを見て楽しかった!どこへ行くかわからないディレクションにハラハラドキドキしました。キンちゃんがいると、本当にびっくりすることが起きたり、信じられない台詞が飛び出したり、そういうところ大好きよ!楽しかった!またやろうね。
三月のライオンのシーン、図らずもぶっ壊してごめんね。

<じろう>
カエルと数年マタギでやってきた「じろう男になる」の続きができてよかった笑
ついにホテルに行く流れになりましたねえ(感慨)相変わらずのファンタジスタを見せてくれてどうもありがとう。開演前の大喜利の司会やってくれて会場の空気が最高of最高になりました。やっぱりあなたは天才です。わたしはああいう「ふわっとした」時間が作りたかった!鳥取から来てくれてどうもありがとう。ダンスとてもよかった。それから、パーティーのときに何も頑張らないでくれて本当にありがとう。じろうの周りだけ実家のこたつみたいになっていたの素晴らしかったです。来年は、、、そろそろわたしたち結婚しようか笑

<ひろきゅん>
運営の裏のボスお疲れさまでした。ひろきゅんに色んなことを投げさせてもらえたおかげでカエルはパンクせずに済みました。稽古場取得も買い出し大臣もどうもありがとう。稽古でふわっとした時間が流れてカエルがそわそわしていても、どーんと構えていてくれたので、なんとなく「本番は大丈夫っしょ!」と思いました笑
そういえば公演でも稽古でもあまり一緒にシーンやりませんでしたね。でも、今回は完全に「どんなことがあっても、ひろきゅんとさちさんが締めてくれる」の安心感のもとカエルはクソシーンを量産することができて本当に楽しかった!(ありがとう楽しかった~♪)なにからなにまで本当にありがとう。神様が降りてくるシーンもオープニングダンスも最高でした。来年は一緒に出る時間があったらいいな!

<ひろきさん>
久しぶりにひろきさんがプレイヤーとして出てるの見られてすごい楽しかったです!大好き!大好き!セカンドシティはインプロ史に残る名言として心に深く刻まれるでしょう。受付、当日言ったのに快く引き受けてくれて&完璧にこなしてくれてどうもありがとう。めちゃくちゃ助かりました。見えないところで気づいたらクルクル働いていてくれて、本当にすごいなと思いました。太郎ちゃんとの1分間のシーン最高だった!笑いすぎてお腹ちぎれるかと思いました。ひろきさんのああいうところが好き!ほんとに好き!出会った頃は「この人いつもヘラヘラしててなんなんだ」と思ってましたが、数年たって「本当にいつもヘラヘラしている!」ということの凄さに気が付きました。いつも共演者たちの様子気遣って、見えないところでそっと手を差し伸べるようなところがあって、そういうところ尊敬しています。あー、あと、スキー板はクリエイティブが爆発してて下から見てて嬉しかったー。出てくれてどうもありがとう。いつもいじってごめんね。いつまでも少年のようなひろきさんでいてください。

<うえぽん>
まず、本当にめちゃくちゃいい声!今回ショーで、うえぽんが出演者たちのボルテージの底上げをしてくれていたなと思います。うえぽんが居たから、みんなも声だせた!!うえぽんが笑ってるとみんなも思い切り笑えた!すごい。クリスマスイブに素敵なバッタを量産してくれてありがとう。あんなに可愛いスコアボード見たことがない!秘められたシュークリーム作りの才能も発揮してくれてどうもありがとう(カエル不器用で、途中でうんこ作ってごめんね)漫才もとっても素敵でした。稽古の時にやったTwoVoiceも楽しかったー。どんな瞬間もお客さんとパートナーとまとめて楽しむことを忘れない姿勢がめちゃくちゃかっこいいです。じろうとドライブしてるとき街並みやってくれたのも嬉しかった。それから、ひろきさんとのスキー板は今年のカエルのベストモーメントです!どうもありがとう。来年も激闘でお会いしましょう。

<さちさん>
優勝おめでとうございます!悔しかったな笑
今回女性陣少ない中で、本当に頼もしかったです。さちさんが居るから、何してもいいやと思えました(初戦でトリしてくれるの決まった時からカエルは全部投げようと思ってました、ごめんね!笑)カエルがどんなクソしてもさちさんがなんとかしてくれるでしょうみたいな感じでめちゃくちゃ甘えてました笑
カエルディレクションのシーンで家賃取り立てに入ってきてくれてどうもありがとう、めっちゃくちゃ嬉しかった!そうそうそれそれ!って思いました。ナイス大家、ナイスさちさん。パーティーでも、色んなお客さんを出演者と上手に引き合わせたり、すごくしなやかに動いているの頼もしくて綺麗でかっこよかったです。居るだけで雰囲気がパッと華やかになって締めるとこちゃんと締めてくれて、あー、もう、さちさんは、わたしの憧れです。来年はもっと出会う機会増えたら嬉しいです!

<カリー>
カリー!共同主催お疲れさまでした!半年前からのわたしたちの悲願、楽しく叶ってよかったね!本当によかった!ひとえにカリーの尽力のおかげです。まず、カエルがスッポリ忘れたり考えていなかった運営のあれこれを全部リマインドしてくれてありがとう。音楽とかお金とか宣伝とか予約票とか稽古場確認とか、クレジット取得とか、もう全部やってくれたね、、、本当に助かったどうもありがとう。すごいよ。あと「場当たり」の存在を教えてくれてどうもありがとう。やってよかったね、場当たり。なんも考えてなかったや・・・。
本番では音響、照明、受付手伝いまでやってくれて、ひええええよくそんなに手があるな!と思いました(やらせたのは私でした、ごめんよ~><)いいとこで音いれてくれたり、ダンスミュージックもホラーの照明もその他無指示の落としどころも完璧だった。途中から諸々ミスでほんとにほんとの裁量で落としてもらうことになっちゃったけどすごかった!全然ハラハラしなかった(ハラハラしないのって本当にすごいことなんだよ!)心の声が漏れ出てたのも最高でした。ツイキャスも始めてくれてありがとう。なんでも「やるよ」って言ってくれるカリーがいたから最後まで走れました。感謝してもしたりない。これからも、どこへでも行ける強い信念とその快活さで、インプロ界に旋風を起こしていくことでしょう!期待してる!大好きよ!!!

<太郎ちゃん!!!>
まず、太郎ちゃんがインプロしているところだけ2時間近く見続けられるのとても眼福でした。
太郎ちゃんのことが大好きで、太郎ちゃんのことをもっと見たいし見てほしい!みたいな気持ちではじめましたが、結果として余計なお世話!みんな元から太郎ちゃんのことが大好きだなと思いました。会場が今までやったどんなショーよりも温かかったのは、ひとえに太郎ちゃんの人柄のおかげだと思います。プレイヤーとしても超魅力的で、わたしのお気に入りはキンちゃんとの1分のシーンでした。YesManとのシーンをあんなに楽しくできるの本当にかっこいい!!太郎ちゃんかっこいいよ!
あと、ヘレディタリー楽しかった。無茶ぶりに答えてくれてどうもありがとう。わたしは楽しかったしあれが正解だったんだよ!!!笑
一年の終わりに、最高の一日をどうもありがとう。お誕生日おめでとう、34歳の一年、中村太郎のご活躍とご多幸を願っております。

―――――――――公演情報―――――――

12月27日 START20:00 (OPEN18:30)
@東中野バニラスタジオ

★☆・・・TheTAROとは・・・☆★
中村太郎を愛する歴戦のインプロバイザー達が集い、熾烈な即興演劇バトルを繰り広げる。シーンごと観客の投票により、選ばれたベストプレイヤーが今夜の中村太郎をお持ち帰りできる。インプロが好きな人はもちろん、初めての人でも楽しめる、ひどく馬鹿馬鹿しくてハッピーで年末感あふれるステージ!
★☆・・・インプロとは・・・☆★
あらかじめ決められた設定や脚本のない状態で行われる即興演劇。お客様やパートナーのアイディアをもとにシーンを進めていく。

702_2277
・・・・・土居省吾(Believeeye)
彼の隣に居るだけで、
平和な気持ちになれる。

Facebookで初めて見かけた時に、
マグカップにメガネを書いている画像を
使っていて、なんとなく優しい人なんだなと感じた。
大勢でいるときに、ぼそっと呟いた人の声をちゃんと拾ってくれるし。
ある程度のことは、受け入れてくれる。
私は、彼にもなにかを教わりたいと思った。

そして、今回カエルさんとこうして
共同主宰ができてうれしい。
彼の人間性を多くの方にみてほしい。

702_2275
・・・・・キンちゃん(即攻笑団王手飛車取り!)
太郎ちゃんは一言で表すと、「めっちゃいい人」。
てゆーか、ほんとにめっちゃいい人!!!その可愛い笑顔からも、太郎ちゃんの優しさや、人柄の良さが溢れ出ていて、とてもチャーミング。
そんなチャーミングな太郎ちゃんはぜひみんなにも知ってほしい。太郎ちゃんはそういう人です。

702_2271
・・・・・・藤田祥(即興歌劇団ハイスピリッツ)
タローちゃんは、面白くてお洒落で、とってもいい奴です。
出会いは何だったか…確実にインプロ界隈でありました。
独特の佇まいとその不可思議な表現に、1発でファンになりました!
何度かインプロをする中で、呼んで頂いたタロープロデュースのショーは、彼の実直さとインプロ愛が溢れている素敵なステージでした。
タローちゃんって、師匠のエールに感動して泣いたり、トーナメントで負けて悔しくて泣いたり、するんですよ…!
あまりにもピュアでいい奴なので、悪いことしてるんじゃないかとか、実はどこか変態なんじゃないかとか、探っていますが、今のところ発覚していません。
キレッキレのセンスと腰の低さで、いつか天下を取ると本気で思っています。
タローちゃん、ピュアのまま突き進んでね!

702_2262
・・・・・横内浩樹(座・シトラス)
たろうちゃんのこんなところが好き。どんなに暗いとこでも松明のようにパッと明るくする笑顔が好き。何か話している時のリアクションが好き。何でもついつい話したくなる♪ ほんわかとしたキャラクターの中にアーティスティックな感性が滲み出ているところ。

702_2263
・・・・・小島啓寿(Asobiba)
たろうちゃんは『春』のような人です。
彼といるとフンワリと穏やかで、まるで春の陽だまりの中にいるような感覚になります。
みんな太郎ちゃんを好きになれ〜!

702_2294
・・・・・江戸川カエル
「人がいっぱい死にます」
即興激闘での一回戦、控えめにいって客席はドン引きだった。

一目惚れだった。

わたしは背中に汗をかいていたのを覚えている。
ずっと、こんなふうにインプロができたら素敵だなと思っていたものの輪郭を見せられたような気がした。
映画が好きで、本が好きで、顔をくしゃくしゃにして笑う、人懐こくて、照れ屋で、どこかひょうひょうとしていて、インプロ楽しさが暴走したり、どこもかしこも愛しかった。中村太郎がいるだけで、わたしの世界が優しくなる。鮮やかになる。なにこの素敵な生き物は!!

どうしてもお近づきになりたくて、Twitterストーキングして見た映画をわたしも見たりフィリップKディックの本を買ったり、中村太郎の出演するショーにねじこんでもらったり、カリーと「中村太郎と近づきたい共同戦線」を張って情報交換をした。妖怪たち(ひろきゅんとうえぽん)を駆使して外堀を埋め、横内ひろきの横槍を避けつつなんとか今回、まともに共演できることが決まった。ファンかよ、、、ファンだよ!!!!ただのファンなんです!!!!

言葉を尽くしても中村太郎の素敵さがうまく伝わらなくてもどかしいくらいにはただのファン。

今回のオファー、受けてくれて本当にありがとう。大切な誕生日をあけてくれてありがとう。中村太郎とインプロするの楽しみすぎてそわそわしています。ノリで本番までに腹筋割るって言っちゃったからわたしは今プロテインダイエット中です。今回のメンバーのなかで一番付き合い短いけど、愛の深さは負けていない気がするので、27日は絶対に負けませんどうぞよろしく。ラブレターになってしまったよ、、、。

546308
・・・・・うえぽん(うえくろ)
太郎くんとはなかなか長い付き合いになる。元々芝居仲間で、ウディ・アレンとかの映画の話が出来る友達で、一緒にモンハンに興じる狩り友だった。そう言えば僕が初めてインプロをやった時にも、太郎くんは見に来てくれてた。「僕も最近インプロやってるんですよー」と、あの懐っこい笑顔で言われて、「一緒にやれるといいねー」なんて話をしたのを覚えている。意外とあっさり夢は叶って、何度か一緒にインプロの舞台にも立った。
インプロバイザー中村太郎は、愛されるプレイヤーである。
彼が舞台に立っていると、みんなついつい笑顔で見てしまう。それは僕が持っていないもので、僕は時々嫉妬したりしつつも、一緒にやるとやっぱり笑顔になってしまう。そんな太郎くんに魅入られた人たちが、今回一堂に会する。きっとみんな笑顔で、きっと楽しいインプロになる。そう思うと僕はもうニヤニヤ笑顔になってしまうのでありました。

702_0138
・・・・・高見次郎(インプロ企画Tottoria)
『浦島』『桃』『金』。そして『中村』…
世には様々な『太郎』が昔話として存在しているが、『中村太郎』は、平成最初にして最後の『太郎』として、愛され続けるだろう…
『次郎』は、あんまり昔話に存在してない(密かに存在しているかもしれない…)ので、そこは羨ましい(笑)
正直、争いを好まなさそうなPeace Menだとは思いますが、内には秘めたる力が備わっているかもしれません。
だって、楽しそうにインプロする所がもう…秘めきれてないぐらいダダ溢れちゃってるんです~
そんな『東の太郎』は大注目です!


“IMPRO KIDS TOKYO”のPRビデオを作成しました。

IMPRO KIDS TOKYO
「子どもも大人も一人の人間」をキャッチフレーズにインプロをコミュニケーションの学びの選択肢として家庭や教育現場に提案していくために活動している。2018年、下村理愛を発起人として誕生。