Info

1993年生まれ。江戸川区出身。写真家、仮面劇俳優、インプロバイザーとして活動中。人物ポートレート、人物スナップを得意とする。

Posts from the 日記 Category

一度ではない、たぶんこれで3度目くらいになる。「臓物まみれAV」という検索ワードで当サイトにたどり着いている人がいる。まったく意味が分からない。今まで一度も言ったことがない。確かにアロマ企画は好きだったけれど、そのことは割と隠して生きてきたのに。

ひょんなことから、ジュリエットをやることになった。それで、高校生の時駅で見た「どうしてわたしが東大に?」の予備校ポスターを思い出す。どうしてわたしがジュリエットに?
そういう、いわゆるヒロインのようなものに縁がなかったし、もっといえば、脚本芝居と無縁だったわたしが、シェイクスピアをやることになるとは思ってもみなかった。
中学生ではじめてシェイクスピアを読んだとき、これが名著か、なんて愚かで浅はかな登場人物たちなんだろうと思っていた。戯曲の読み方を知らなかったわたしは、あくまで小説としてロミオとジュリエットに出会った。誰にも感情移入できないし、ホラー映画の序盤で死ぬ若者たちみたいだと思った。シェイクスピアを面白がれるようになったのは、ずっとあと、大学に入ってからだった。

シェイクスピアの題材は普遍的なもの、だとかよく言われるけれど、正直あまりピンとこない。わたしには愛を誓いあう、そのことだけですらいまだにピンとこないでいる。今回、京島長屋でロミオとジュリエットをやる。はじめて、ロミオとジュリエットを「よくある話」として捉えることが出来始めている。

もう名前も思い出せない。小学校2年生の時、なぜか仲のよかった女の子がいた。その子の家は学区で言えば反対側にあり、少し遠かった。こっそり何度か家に遊びに行ったが、お母さんとあまりうまくコミュニケーションがとれなかった。もしかした”普通”と何か違うのかな、という様子だったことを覚えている。こっそり遊びに行ったからなのか、家のことがあったからかわからない。その子と遊んでいると母がひどく怒った。わたしたちは、段々遊ばなくなってしまった。階段でうずくまるその子の顔は思い出せても、もう名前も思い出せない。

後半の、絶望とは何か、というくだりを読んでいて、当時のわたしが何に絶望していたのか思い出せなかった。8年前のわたしに言ってあげたい、あなたが今絶望していることは、8年後綺麗さっぱり忘れているよと。

新しい小さな絶望、小さな傷がどんどん出来てとても新陳代謝がよい。
つい先日絶望を感じた。すごく小さくてくだらないことだった。

体調も天気もとてもいい朝で、なんとなく掃除機がかけられそうな気分だった。ニコニコと掃除機をかける。絨毯の上も、トイレも、換気扇も。かけていたら妹が眠たそうに起きてきて、どすん、と居間に座った。それを見た父が「ユカはかわいいねえ、眠そうなユカはとってもかわいいねえ」と言った。それを背中で聞きながら、わたしは自分に言い聞かせていた。「とても天気がよかったし気分がよかったし、わたしのために掃除機をかけている」

写真:BEBERICA『What’s Heaven Like?』より

昨晩うつみ君とやり取りをしていて、急に思い出した本がある。
8年ほど前、高校の図書館で読んだ「絶望の授業」というタイトルの本だった。8年前に読んだきりの本だった。ちょうど、僕ののびしろ、について聞くうつみ君にしたり顔ですすめてしまった手前、わたしも買って読んでみた。
驚いたことに、覚えていた本の内容と殆ど一致していた。わかりやすい本なので文意の誤読がないのはわかるけれど、印象に残った部分も殆ど一緒だった。強いて言えば、なかに出てくるチェーホフやベケットのことを、今のわたしは知っていた。(つづく)

人にやさしくしたい、と思いながら過ごした1月だったのに、不用意に傷つけてしまうことばかりだった。

寝袋の中で変な夢を見た。
わたしはキャベツの中にいた。もぞもぞと身体を動かすと、キャベツの肌に頬が触れてひんやりした。隣でモンシロチョウの幼虫が光っていた。小さかった幼虫はそこらのキャベツを食べ、たちまち大きくなりわたしのスペースを侵害した。蛹になったモンシロチョウはわたしと同じくらいの大きさで、私の隣にいた。蛹は呼吸をしていた。膨らむたびに狭くて不愉快だった。ピリリ、と音がして蛹から大きなモンシロチョウが羽化する。やめてくれ、やめてくれ、と一生懸命押し戻そうとしても間に合わず、モンシロチョウの鱗粉が頬を撫でた。ザラザラとしていて気持ちが悪い。キャベツの狭間で成虫になってしまったモンシロチョウはジタバタと暴れ、羽が傷ついていくのがわかった。やたらに暴れて、やがて、動かなくなってしまった。
目が覚めてから変な気持ちだった。わたしの頭蓋骨と脳の隙間で、モンシロチョウが死んでいる気がした。台所からシャカシャカと音がした。わたしのモンシロチョウが死んだのをよそに、フミヒロはプロテインを溶いていた。「飲む?」と聞かれたけれど、鱗粉のような気がして気持ちが悪く、飲むことが出来なかった。