Info

1993年生まれ。江戸川区出身。写真家、仮面劇俳優、インプロバイザーとして活動中。人物ポートレート、人物スナップを得意とする。

603_9615

子どもの頃、みかんの房と房に挟まった”赤ちゃんみかん”が好きだった。”赤ちゃんみかん”は最後までとっておいて、白い筋をきれいにむいて食べていた。”赤ちゃんみかん”を見ると、ミルキーの包み紙に四つ葉を見つけたような、尊い気持ちになっていた。そのことを暫く忘れていて、先刻急に思い出した。年を重ねて、神様の落とし物が見えなくなった。あのころわたしは、壁のシミに、おしろい花に、光る小石に、神様を見つけられた。最近のわたしといえば、みかんを剥けば何房もまとめて口にいれてしまう。”赤ちゃんみかん”が隠れているかもしれない、ドキドキしながら房をめくっていたはずのあの子は、壁のシミを塗り隠す大人になった。