Info

1993年生まれ。江戸川区出身。写真家、仮面劇俳優、インプロバイザーとして活動中。人物ポートレート、人物スナップを得意とする。

DSC_1901

 美容院に行ったら、”素材を生かした髪型”にされた。”素材をいかしてみました”と言われたのだ。生かされてもらっては困る、殺してくれ。出来上がりの鏡をみて「ちょっとダサいな」とか「イモいな」とか「デブだな」と思ってもそれは”素材を生かした”結果なのでぐうの音もでない。ぐう。そんな便利な言葉使ってくれるな。第一、”素材を~”というのは、当の素材が厳選された国産有機栽培なんちゃらなときに使う手法であって、東京東部の一般家庭に産まれ高校時代を千葉のイモい男子校でドブに囲まれて過ごしたわたしに見合うものではない。そのドブ臭さをなんとかしてもらおうと背伸びして美容院にいくわけで、素材がよければ床屋で済ますやい!石を蹴り蹴り家に帰った。