Info

1993年生まれ。江戸川区出身。写真家、仮面劇俳優、インプロバイザーとして活動中。人物ポートレート、人物スナップを得意とする。

DSC_6447

 新潟にきてから映画ばかり見ている。事前問い合わせでは「どの宿泊先になっても全室にDVD完備です」と言われていたが、わたしの泊まっているホテルでDVDは見られなかった。ペイチャンネルはあったので、運転業界ではDVDとはえっちなビデオを指しているのかもしれない。自宅で録画したDVDと喫茶店のマスターが持たせてくれたDVDを抱えて腹の虫が収まらず、翌日簡易DVDプレーヤーを購入。『RoseRed(前篇)』『レナードの朝』『LastDance』と観た。焼いてきたゾンビやホラーは購入した機械では再生できずそろそろホラー分が足りない。肝心の『RoseRed』はマスターが持たせてくれたものだが「そっちは特典だから置いていきなよ」と言われたDisc2が本編の後編だった。呪いの家RoseRedに入った一同が心配なので早く呪いを解いてほしい(どういう展開になるのかはよく知らない)最後まで見れば怖くなくなるというものでもないけれど、ホラー映画を前編だけ見てしまうのは精神衛生上よろしくない。ホテルでたったひとりの部屋、カーテンの影には人がいて冷蔵庫の中は血まみれで、トイレからは花子が這い出てくるのだ。